ゼロファクター

ゼロファクターは効果なし!?「効果を感じれない方々の共通点を紹介」

今回は「ゼロファクターは効果なし」と言われている方々に共通するポイントについてお話したいと思います。

肌の調子を整えることで、剛毛な髭対策ができると話題のゼロファクター。

使用を続けることで成分がしっかりと浸透し、肌を鎮静・引き締め・潤わせます。

ゼロファクターは男性用髭やムダ毛のケアコスメとして実績No.1にもかかわらず、口コミや評価などで効果がないと記載されている内容を見かけることがあります。

剛毛対策コスメの先駆けとして長年話題になっているのになぜなのでしょうか。

これらにはある共通点があることがわかりました。

ゼロファクター「効果なし」の共通点

実際にゼロファクターを使用してから口コミを見ていて気付いた「効果なし!」という方々の共通点についてお話します。
ゼロファクター「効果なし」の共通点
  • 除毛剤だと思っている
  • 短期間での効果を求めている
  • 使用頻度が少なくて良いと思っている

除毛剤だと思っている

ゼロファクターの5αSPローション本体の裏面には「ジェル 美容液」と記載されています。

一般的に市販されている髭ケア商品の中で、除毛剤にあたるものはありません。

基本的に胸毛、すね毛などの体毛に対しての商品であり、皮膚の弱い顔などには使用することはできません。

髭を生やさなくする、髭を根元から綺麗になくすということが目的であるならば、病院やサロンなどで髭の脱毛を行うことをお勧めします。

5αSPローションは髭が生える速度が遅くなる、髭の毛質を細くするなどといった効果がある商品であり髭は生えてきます。

除毛剤だと思って使用すると効果がないと感じてしまうでしょう。

短期間での効果を求めている

先ほどもお伝えしたように、5αSPローションは美容液です。

そのため塗って次の日にすぐ効果がでるといったことはありません。

髭を薄くしたり目立たなくさせたりするには、毛周期も深く関わってきます。

公式サイトを見てみると大体の目安は4ヶ月目辺りでだそうです。

毛の根元から改善させていくため時間がかかってしまいます。

脱毛でも綺麗になくなるまでには1年近くかかります。

どちらにしていも剛毛対策を行うには多少時間がかかてしまうため気になっている方はすぐに始めることをお勧めします。

使用頻度が少なくて良いと思っている

シェイビングの後のみ、お風呂上りだけっと皮膚に付着させる回数が少ないとそれだけ使用効果が現れるまで時間がかかってしまう可能性が高いです。

1日数回を目安にたっぷりと気になる部分に使用している方の方が効果を実感しています。

ただ、自宅で手軽に行えるというゼロファクターの特徴として、今までシェイビングの後などに顔に化粧水のようなものをつける習慣がなかった方は手間を感じてしまうかもしれませんが、サロンなどへ通うよりはとても手軽に髭へのケアが行えます。

ゼロファクターの効果が分かる「画像」

5αSPローションの裏面には、全成分が記載されています。

基本的に、肌や髭に効果のある成分は、水酸化K以降のメントールからになります。

特にガウクルア(プエラエアミリフィカ根エキス)やダイズエキスは濃い髭の原因となるホルモンのバランスを整えたり美肌効果のある成分です。

その他にも、肌の鎮静効果や毛穴を引き締める効果のあるパパイン酵素やスペアミント油などが配合されています。

ゼロファクターの成分について詳しくは以下の記事にてお話しております。

あわせて読みたい
ゼロファクターの効果「発毛理論から配合された成分での抑毛効果!」 男性用の剛毛対策ケア商品として愛用されているゼロファクターは、発毛理論に基づいて作られています。 さらにシェイビング後の肌...

ゼロファクターは肌に負担をかけすぎないよう化学成分を抑え、ほとんどが天然成分で作られています。

毛や肌に良い効果のある成分でありながら安心して使用できるのは嬉しいです。

ゼロファクターは継続してこそ効果あり

毛がはえてこなくなるといった脱毛効果はありませんが、使用を続けていくうちに肌の調子も良くなり、髭が生えにくい肌環境になっていくため髭剃りが楽になるといった効果を得ることができます。

保湿力の高いアロエキスなども使われているのでカミソリ負けしやすい肌や乾燥からくるニキビ、肌荒れなどの改善もあります。

日々のケアアイテムとして一度使用したら手放せなくなります。